【基本】龍人ゲージについて

シェアする


段のバトルでもそうですが、特にSAでは『龍人化』はとても大事な事です。

やみくもに武器を打っていれば、いずれ龍人化出来ますが、
ここでは、しっかりと『龍人化』の仕組みをお話ししていきます。


【龍人ゲージの仕組み】


まず、龍人化させるためには、龍人ゲージを貯めなくてはなりません。

龍人ゲージは武器を使用するごとに、一定量溜まっていき、満タンになったら『龍人化』できます。

では、龍人ゲージはどのように溜まっていくのでしょうか?

龍人ゲージは、【40ポイント】で満タンになります。

武器には決められた龍人ゲージポイントがあり、それをどんどん貯めていき、40ポイントに到達した時点で、左下の光玉?が光り出します。
これが龍人ゲージの仕組みになります。                 

【龍人ゲージポイント】


では、龍人ゲージポイントを効率よく貯める為にも、武器毎に決められた龍人ゲージポイント数を知る事が重要です。
しかし、それは別に暗記するような事ではなく、かんたんにわかります。

龍人ゲージポイント = 待機時間 + 詠唱時間 + 特殊効果 になります。
つまり、【その武器の発動時間に等しい】わけです。


武器を一度使った後、次の武器を使うまでに待機時間があります。

これは一律で【4秒】になっています。なので待機時間の部分は【4】になります。

次に詠唱時間ですが、詠唱時間0秒の場合は0、詠唱時間が1秒の場合は1となります。
上記の画像を見てもらえばわかりますが、武器のプロフには【詠唱時間】が記載されています。
それを見てもらえれば、その武器の詠唱時間はすぐにわかります。

次に特殊効果とありますが、これは主に『魔導士』の事になります。

魔導士の武器の『霊鳥の錫杖』『ジェダイトワンド』『マーレタクト』『クリスタルワンド』『ストーンロッド』は龍人ゲージポイントを増加させる効果があります。

『霊鳥の錫杖』『マーレタクト』『ジェダイトワンド』は【龍人化ゲージ増加量 特大】、『クリスタルワンド』『ストーンロッド』は【龍人化ゲージ増加量 大】になっています。

その効果が特殊効果として、算出され、加算されます。

では、どのくらいのポイントが加算されるのか?

【龍人化ゲージ増加量 特大】⇒16ポイント
【龍人化ゲージ増加量 大】 ⇒8ポイント

が加算されます。

例えば、霊鳥の錫杖を使用した場合、 4(待機時間) + 4(詠唱時間) + 16(増加効果) = 24 がポイントとして、加算されます。

また、クリスタルワンド、ストーンロッドの場合は詠唱時間が0秒なので、 4(待機時間) + 0(詠唱時間) +8(増加量) = 12 がポイントとして加算されます。

霊鳥の錫杖(24)⇒クリスタルワンド(12)⇒タリスマン(4) という風に使うと、3手で龍人ゲージが満タン(40ポイント)になります。

ただし、霊鳥の錫杖は4秒の詠唱時間があるので、実質は武器2個使用相当の時間を必要とするので、他の職の4手分で龍人化できます。

自分の回し方をよく見てみてください。 きっちり【40ポイント】を意識した組み合わせになっていますか?

もちろん、40ポイントを意識しなくても全然OKです。 ですがSAではこの辺がとても重要なので、ぜひ自分の武器のゲージポイント数を見てみてくださいね!  


はい



当サイトの記事・イラスト等は著作権者の許諾なしに複製・使用・転載・二次使用は一切認めておりません。
©BANK OF INNOVATION 該当画像の転載・配布等は禁止しております。